>

どのタイミングで眠るのか

移動時間を計算しておこう

長い移動時間になる場合は、その間に眠るよう子どもに伝えてください。
すると観光地に到着する頃には身体を回復させられるので、元気に遊べます。
普段は滅多に訪れることができない観光地なので、満喫できるよう体力を回復させておきましょう。
子どもは体力がないので、黙って車に乗っているだけでも疲れてしまいます。

また環境が変わることが原因で、精神面に負担を与えてしまうかもしれません。
眠ることで、精神面の疲労も癒せます。
短い移動時間では眠ることができないので、移動時間がどのくらいの長さなのか前もって計算しておきましょう。
30分以上の移動時間だったら、睡眠時間に使えると思います。
ゆっくり車内で、身体を休ませてください。

子どもが寝やすい雰囲気を作ろう

うるさい音楽が流れていると、子どもは車内で寝られません。
車を使って旅行に行く際は、睡眠を邪魔しないよう音楽は控え目に流してください。
電車やバスを使う際は、自分たち以外にも乗客がいます。
他のもの音が気になって、なかなか眠れない子どももいるでしょう。
耳栓があると、外部の音をシャットアウトできます。

交通手段に応じて、必要な道具を揃えてください。
パズルを用意して、最初に遊ばせるのも良い方法です。
適度に脳を使うことで、眠りやすくなります。
しかし体質によっては、車内でパズルなどを使うことで酔ってしまう子どもも見られます。
子どもの体質に合わせて、ベストな準備を整えてください。
移動中に休んで、元気に観光地を巡りましょう。


この記事をシェアする